ホーム > ペットをさがす > ボーダーコリー

出産情報

ここでは店頭にて販売しております仔犬仔猫達をご紹介します。当サイトにて表示しております金額は全て税込価格です。ワクチン代・送料など別途費用が発生する場合もありますので予めご理解下さいますようお願い致します。

決済方法は以下を参考にして下さい。
①現金決済…現金特別価格 ②クレジットカード決済(一般)…通常価格

※当店では、カニヘンダックスフンド、ティーカッププードル、豆柴などの特殊な種類、とくに豆柴、ティーカッププードルという名称は、正式な犬種名ではありません。販売上のいわば商品名にあたるものという観点から営業方針上取り扱っておりません。→詳しくはコチラ


ボーダーコリー

 

▼現在お取扱いできる当種類がいません。
お急ぎのお探しの際はお電話にてお問合せ下さい。大変ご迷惑おかけし申し訳ございません。

ご予約&ご注文の際はメールまたは電話:0836-58-5122まで


犬辞典『ボーダーコリー篇

▼原産国
イギリス
▼特徴
牧羊犬として世界でもっとも使われている犬種と言われています。運動・訓練性能の良さを買われて、アジリティ、ディスクドッグ競技、フライボール、ドッグダンスなどの様々なドッグスポーツを一緒に楽しめる犬種です。毛色は【ブラックアンドホワイト】が基本であるが、【レッド】【チョコレート】【ブルー】【ブルーマール】【セーブル】他と多種多様です。毛質は長毛の【ダブルコート(ラフコート)】が基本であるが短毛【スムースコート】もある。ストレートの個体もややうねったカールの毛を持つものもいます。成犬時の標準体重は14〜23kg、体高は45〜56cmとなっています。
▼性格
一般的に、面識のない他人や、小さな子供、他種の同性の犬を苦手とし、攻撃的に振舞うことがあります。正しい訓練を行えない飼い主には手に余る犬種で、初心者には飼育するのが難しいでしょう。しつけと称して、しかる・たたくなどを繰り返すことで神経質な性格から、攻撃性を飼い主が作ってしまうことも多いようです。
▼遺伝性疾患
ボーダー・コリーに認められる好発遺伝性疾患。股関節形成不全、肘関節異形性、セロイドリポフスチン症(CL病)、グレーコリー症候群、コリーアイ異常、停滞睾丸などです。
▼トラブル
直射日光に弱く日射病、熱射病を引き起こす恐れがあります。激しい作業に耐えうる体力の持ち主であるが、若年期の激しい運動やアスファルト・コンクリートでの運動で全身の関節に支障が出る場合も多いです。※本犬種に限らず、コリー、シェットランド・シープドッグ、ビアデッド・コリーなどコリー系の犬種は主にフィラリアの予防薬として使われるイベルメクチンの使用が危険とされる。フィラリアの予防薬程度の投与なら問題ないという説もあるが、可能性を重視するならばフィラリアの予防薬の薬剤名(商品名ではない)を獣医師に確認すること。

<関連サイト>
ボーダーコリー図鑑

<提携企業>

企業名 企業名 企業名 企業名 企業名 企業名 企業名 企業名 企業名 企業名 企業名 企業名

HOME会社案内特定商取引法送料・ お支払い方法・納期保証・返品・交換お問合わせご利用案内よくある質問
ブログアクセスペットをさがすペットホテルペット用品イベント繁殖ペット保険里親磁気活水器
プライバシーポリシーサイトマップペットの法律facebookページリンク

▲このページのTOPへ

おすすめリンク

名前 名前 名前 名前
楽天VIDEO新規入会で初月会費が無料